2018〜2019年度会長方針

2018〜2019年度 会長 鈴木 正明

【RIテーマ】BE THE INSPIRATION 〜 国際ロータリー会長 バリー・ラシン

 バリー・ラシン国際ロータリー会長は今年度の目標の中で『ロータリーの奉仕は、人々の人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角度でとらえる必要があります。公共イメージにもっと重点を置きソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、奉仕のスケールを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。』と述べられています。また『一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出せるための「インスピレーション」となる必要があるのです。』とも述べています。
 星野喜忠ガバナーは、『インスピレーションにはさまざまな意味があります。良い思いつき、着想、感化、刺激・激励・鼓舞させる人々等。次年度のテーマは、各ロータリアンがその地域で行う奉仕活動を通じて一般社会にロータリーは何をしている団体なのか浸透させ、“DOING GOOD IN THE WORLD"を掲げる国際ロータリーとして、ロータリークラブはもとより、個々のロータリアンもその言動や行動を通して、地域社会の人々へも良いインスピレーションになれるよう努力することを訴えられているのだと拝察いたします。』と述べられています。
 そのことを踏まえ、今年度は『長泉ロータリークラブ』をもっと知ってもらうための活動を重点に置きたいと考えています。米山記念館でお祭りを開催し地域の人たちとふれあい、長泉町で行われる祭りに参加することで、公共イメージ向上を図るとともに、われらロータリアンがもっと長泉町を知る機会にすることを考えています。
 何年後かわかりませんが、公共イメージ向上活動でふれあった子供たちや起業を目指す青年たちの心の中に『ロータリー』という小さな種がまかれ、いつかはその種が花咲き『ロータリアン』となってくれることを願って活動してまいります。

 本年度の活動計画として
・米山記念館祭りを開催し記念館及び長泉ロータリークラブをもっと知ってもらう。
・財団地区補助金を活用して、身近で健康づくりプロジェクトを支援する。
・わくわく祭り、福祉健康祭り、産業祭に参加し公共イメージ向上を図る。
・なでしこサッカー、米山文庫カルタすごろく大会、健康公園ミニ駅伝の青少年活動を支援する。
・商工会青年部が行っている世界ジオパークに認定された鮎壺の滝の清掃活動に参加する。
・親クラブである沼津北ロータリークラブを始め、裾野や三島ロータリークラブとの交流を図る。
・第5週目の水曜日は休会として、夜は炉辺会を開き親睦を図る。
・会員卓話に入会してほしい方を講師として招き、会貝増強に努める。
・国際交流の観点から長泉町とワンガヌイ市との姉妹都市提携30周年記念事業に参加する。

以上、会員皆様方の御協力よろしくお願いします。